お金関連 読書メモ

読書メモ「世界一笑えてわかりやすいお金の増やし方」レビュー

投稿日:2017-12-13 更新日:

「世界一笑えてわかりやすいお金の増やし方」とは

金融に関する知識を付けたくて、こちらの本を読みました。数字やお金に弱い私にとって、小難しい本にはまったく興味が湧かず…これは初心者向けで面白そうと思い選んでみました。

book pic

元お笑い芸人の篠原さんが、コント形式の会話を織り交ぜながら、お金の増やし方を教えてくれる本です。投資信託の関係図をお笑い業界に例えたりと、面白おかしく描かれているので分かりやすかった 😀

収入が増えても、お金が貯まるわけではない。

私もそうなんですが…「今貯金できないのは収入が少ないせい。もう少し収入が増えたら、貯金に回せるのに。」と思いがちですよね。

money pic

篠原さんの体験談でも述べられているように、「金持ちになっても貧乏の頃と同じように、結局お金に振り回されている。」という言葉が印象的でした。「収入が増えても、お金の知識がなければ苦労する」ということ。無知って恐ろしい 😯

先取り貯金は自動化する

以前から「先取り貯金」が大事だってことは分かっていました。でも先取り貯金したとしても、結局足りないときに引き出したりして続かないんです。

piggy bank pic

そこでオススメなのが「お金の流れを自動で管理する」こと。給与口座から強制的に天引き貯金してしまう作戦です。この貯金とは別に、給与から定額自動送金する口座も作っておくこともポイント。将来お金に働いてもらう資金にするためです。

物事を価格だけでなく「価値」で見ることが大切。

この本を読み、「消費・浪費・投資」の違いを再確認できました。家計簿をつける際など、それが消費か浪費かチェックしたりしてました。投資に関してはあまり深く考えたことがなく…。

支払ったお金>得られる価値
→浪費(無駄遣い)

支払ったお金=得られる価値
→消費(適度な食費など)

支払ったお金<得られる価値
→投資(勉強・スキルアップ・人脈のための交際など)

なるほど!投資は「お金を生むためにお金を使う」こと。つまり…明確なビジョンを持って、自分の価値になることに使うお金。「物事を価格で見るのではなく、価値で判断する」この考え方を習慣付けたいと思います 😉

投機と投資の違い

私の中で、「株取引=リスクが高い」というイメージしかなくギャンブルのようなものだと思っていました。いわゆるデイトレードですね。日計りと呼ばれ、極端な短期市場で売買を繰り返す取引。これを「投機」と言うそうです。

かな
一方で、長期投資は「今ある資産を長い目で見て、お金を育てていくこと」だそう。私はこの投機と投資の違いを知りませんでした!

株初心者、お金に無知でも分かりやすい

画像が小さくて見づらいですが…私の読書メモの一部。

reading note pic

「単利・複利」についても、篠原さんが分かりやすく説明してくださっています。ファイナンシャルプランナーの資格勉強も始めたのですが、テキスト読んでも文字と数字ばかりで頭に入ってこないんですよね(笑)複利は雪玉を転がして大きくしていくイメージ!

かな
また「ドル・コスト平均法で積み立て投資」も分かりやすかったです。株や投資について何も知らなかったので、勉強になりました 🙂

 

この記事は、私の読書メモから一個人の感想を述べています。自分の心に響いた教訓を記録しています。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
にほんブログ村







-お金関連, 読書メモ

Copyright© ちっちゃな暮らし。おっきな夢。 , 2018 AllRights Reserved.